スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォルツァSiにHIDヘッドライトを装着しました

フォルツァSiにHIDを装着しました。

今回装着したものはJAFIRSTさんのStandardHIDシリーズ。



H4のリレーレスタイプ、Hi/Lo切り替えタイプを装着しました。

装着に際して先ずはカウルを外します。

IMG_1328.jpg

上の写真の赤丸の部分が噛みあいになっているので、先ずはそこを外します。
側面のカウルから爪が出ているので内側へ曲げつつ、外へ引き出す感じで外します。

IMG_1505.jpg

IMG_1506.jpg

ここをフリーにしておかないと、次のスクリュー(ネジ)を外した後に引っ張り出すことが出来ませんので、お忘れなく。

次は、3本のスクリュー(ネジ)を外します。

IMG_1512.jpg

スクリーン奥の2本と、

IMG_1513.jpg

フェンダー中の1本の3本のスクリューを外します。
これで、引っ張り出すと外れる構造になります。
クリップの位置は下の写真の2か所に車体後ろ向きに刺さってるので、ヘタにこじらずに前へ引き出す形で外します。

IMG_1328_20140623195918175.jpg

裏から見るとこんなクリップが付いてます。

IMG_1350_20140623195914017.jpg

車体側はこんな感じの穴が開いてるのでその方向へ抜く形で。

IMG_1353_20140623195917689.jpg

次はフロントスクリーンを外します。
露出している左右2本の4本のボルトを外します。

IMG_1352.jpg

6角ボルトです。これを緩めてしまえは普通に外れます。

メーターフードは被せてあるだけなので、すぐに外れます。

IMG_1357.jpg

後は上から覗き込みながらバルブを外します。

先ずは3極のコネクタを外します
次に、レインカバーを外します。下の部品で、ライトに被せてある奴です。

IMG_1488.jpg

後はH4のヘッドライトと同じで止めてある金具のロックを外して、バルブを抜いて、同じ方向にバーナーを装着します。

IMG_1485.jpg

上の写真のバーナーを下の写真の様にレインカバーにケーブルを通しますが、その前にレインカバーを少しカットして干渉をなくします。
ギザギザになってる部分位をカットしてやれば、このメーカーのバーナーはすっきり収まります。

IMG_1490.jpg

IMG_1486.jpg

後はバーナーを固定して、レインカバーを被せます。

今回購入したのはリレーレスタイプなので、元の3極コネクタにリレーレスのキットを配線して、バラストとバーナーとユニットを繋いでしまえば完成です。

元のHS1との比較。

IMG_1487_20140623202449829.jpg

昼間でも充分に分かる明るさです。

後は、外した手順の逆に戻していけば完成です。

スポンサーサイト

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

中国道の駅スタンプラリー(3回目)

本日は天気も微妙でしたが、中国道の駅スタンプラリーへ出かけてきました。

今回のコース選定には、
中国・四国道の駅徹底パーフェクトガイド 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
耐水紙使用 マップル R 中国・四国2014旅心くすぐる情報満載♪ ツーリングマップル R 中国・...
を参考にしています。

はわいまで

本日は島根方面へと出向きますので、まずは道の駅はわいで一休み。

道の駅はわい1道の駅はわい2

岩ガキが解禁になっておりまして、早速に頂きました♪

そのままR9を走って、あらエッまで走ります。

あらえっさまで

道の駅 あらエッサは島根県及び安来市の東の玄関口として、また、山陰道へのアクセス道の近接地に位置し、米子市内の住宅地からも近く、米子市と安来市とを結ぶ交通の要所で平日、休日の区別なく交通量の多い路線です。

道の駅あらエッサ1道の駅あらエッサ2

安来節のドジョウ掬い踊りで有名なドジョウや地元産農産物を使用した和風レストランや四季折々の新鮮な野菜・果物等を販売する農特産品販売所を地元産木材を使用した平屋建ての建物とし、緑豊かな田園の背景や周辺との景観の調和を考慮した道の駅です。

道の駅あらエッサ3

古民家レストラン「中海の郷」では、出雲そばと安来・中海周辺の味をお手頃な値段で味わうことができます。

R9で安来市へ入り県道45号線を広瀬町方面へと走り次の道の駅を目指します。

広瀬・富田城まで

「道の駅 広瀬・富田城」

道の駅広瀬・富田城

ここは、戦国大名尼子氏の居城、月山富田城があり、その周辺に数々の史跡が残っています。
この月山富田城は日本の名城百選に選ばれており、残存する石垣等から戦国時代のロマンを感じる事が出来ます。

先の県道45号線を戻り、R9で松江方面へ走り、R431を美保関方面へと走って次の道の駅へ・・・

本庄まで

「道の駅 本庄」は、武蔵坊弁慶が生まれ育った地として、弁慶にまつわる多くの伝説が残っています。

道の駅本庄2道の駅本庄1

目の前には日本で5番目に大きい湖の中海が広がっており、眺めのいい駅です。

もう少し時間が有るので、更に西へ向かいます。
R431で松江市街を通過してR9で出雲方面へ走ります。

湯の川まで

道の駅「湯の川」

道の駅湯の川2道の駅湯の川1

「道の駅 湯の川」は「足湯」、日本三美人の湯の「温泉スタンド(有料)」なども完備。
また「花ハウス」も設置し、一年を通して四季の花を見ることができます。
冬の花として有名なシクラメンは斐川町の特産品で、毎年12月には、シクラメン祭りも開催されています。
手打ちうどん・そば、出西(しゅっさい)生姜カレー、出西みどり生姜ソフトクリームがおすすめです。
駅内には足湯しかありませんが、近隣に温泉があり、案内もされています。

キララ多伎まで

そのままR9を更に西へと道なりに走ります。

そして「キララ多伎」へ。

IMG_1417.jpgIMG_1419.jpg

「道の駅 キララ多伎」から、海への階段を降りると、そこはコバルトブルーの遠浅の海が広がるキララビーチです。
夕刻には、日本海に沈む「夕陽」が目の前に広がり海は茜色に染まります。
この景色は、「日本の夕陽百選」に選ばれたほどの絶景です。

IMG_1422.jpgIMG_1421.jpg

多伎町はイチジクが有名で、40品目近くある様々な加工品が名産です。
当駅でしか食べられないイチジクソフトクリームも人気です。

IMG_1420.jpgIMG_1427.jpg

「愛の鐘」です。

出雲大社

そろそろ帰路につくことにします。
先ずはR9を東へ走り、出雲市の西側からR431へ迂回して、もう一駅スタンプを押印することにします。

IMG_1431.jpg

「道の駅 大社ご縁広場」

売店・食堂はありませんが、吉兆幡(島根県指定文化財)を中心とした文化・歴史の展示館吉兆館があり、出雲観光協会事務局も入っており、出雲市の観光情報を案内してもらえます。
出雲大社までは歩いて10分のロケーションにあり、縁結びの神・福の神として名高い「大国主神」が祀られています。

残りは、ひたすら帰路につきました。






テーマ : 道の駅
ジャンル : 旅行

[PR]

~旅の友~
ツーリングマップルはコース選定に役立つコメント入りの地図です。

中国・四国地方

 
 

その他の地域

最新記事
カテゴリ
プロフィール

はにわっち@

Author:はにわっち@
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
3372位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
1188位
アクセスランキングを見る>>
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加中です♪ ポチってくれると嬉しいです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。