スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お城山展望台 河原城へ行ってきた

今回は河原城です。
鳥取県鳥取市の谷一木地区に有るお城で、当時は丸山城と言う名前だったそうです。

IMG_0452.jpg

早速に中に入ってみた。

IMG_0454.jpg

ちょっと小じんまりしてますが、入り口です。

IMG_0455.jpg

中庭と、お城の景観です。一番上の4階が展望台になってます。
入場料は無料です。

IMG_0458.jpg

お城の中は、1階がお土産とか売って有って、2階からが展示物が有ります。
道中を繋ぐ階段は、近代的な状態です(笑)

IMG_0476.jpg
IMG_0472.jpg

4階の展望台からの眺めです。
東西南北4方が眺めれます。

ちなみに、2階、3階には地域の特産品や当地の歴史、神話などの展示物が色々と有りますが、折角のなので行ってみてのお楽しみと言う事でここでは割愛させていただきます。

全国のホテルをあなた好みで検索できます
日 程
チェックイン   
チェックアウト       
  
1部屋あたりの
ご利用人数
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児 (食事・布団付)
幼児(食事のみ)
幼児(布団のみ)
幼児(食事・布団不要)
ご利用部屋数
部屋
宿泊料金の範囲
地域を選択
スポンサーサイト

ほっとぴあ鹿野と鹿野温泉足湯

ほっとぴあ鹿野は、いわゆる町営(今は鳥取市なので市営か?)公衆浴場なのですが、サウナ、泡風呂、露天風呂完備で中々充実してます。

ほっとぴあ鹿野

入浴料400円と激安で、近くに橋本牧場ジェラードや施設内でお土産も買えますが何より足湯が有るのも魅力的です。

鹿野温泉足湯

そんなに大きな足湯では有りませんが、ちょっと一息つくには混雑もなくおすすめです。

鳥飼家住宅

鳥飼家住宅は県民の建物100選にも選ばれる県指定保護文化財のうちの一つで、倉吉市より山間部へ関金町に走ると見えてくる建築物です。

鳥飼家住宅1

入母屋(いりもや)風茅葺屋根。
広い土間に当地方特有のまや(牛小屋)が三頭分あり、これは江戸時代中期頃の建築と考えられています。

鳥飼家住宅2

鳥飼家住宅とは、江戸時代に庄家を勤めていた鳥飼家住宅を関金町大鳥居から平成3年に移築して今の場所に持ってきたようです。

鳥飼家住宅5

建物の中の様子。
牛小屋の真反対に板間です。今で言う所のリビングか??
おそらく、現代人には牛の臭いが堪らないと想定される・・・

鳥飼家住宅4

で、こちらが真反対に位置する牛小屋・・・

現代のように、車でさっと町中へ買い物に行ける訳でも無く、冷蔵庫や冷凍庫も無い時代の、自給自足感が漂ってきます。
便利になりすぎて忘れてしまった古き良き時代の風情が感じられる建築物でした。

あまるべ鉄橋空の駅へ行って来た♪

今日は天気も良かったので、道の駅あまるべへPCXで出かけました。

余部鉄橋 空の駅1

今日の目的はここに新設された展望台の余部鉄橋「空の駅」です。
連絡道を上る体力があれば、誰でも無料で上ることが出来ます。

先日のニュースでここ餘部鉄橋の空の駅が完成したという事でしたので、眺めがどんなものか非常に気にっていたんです。
早速に、展望台へ上りますが、道中、村中を通ります。

余部鉄橋 空の駅6

おそらく、この空の駅の回遊ルートとして少々手を入れたのでしょうか?
田舎の細道ながらに舗装とか綺麗にしてあります。
途中で、ジュースとかは売ってませんので、夏場に巡るならスタート地点の道の駅あまるべで何か飲み物を買っておきたい所です。

余部鉄橋 空の駅5

途中からショートカットしてこう言う階段をひたすら登ります。
この階段も脇道が作られつつ有るのですが、今回はまだ整備中でこのルートでしたが、工事中の道が道の駅からの直通ルートになりそうです。
完全に整備が完了したら、そちらのルートの方が早く展望台へ上がれるのでしょうが、こっちからだと・・・

余部鉄橋 空の駅9

道中、こう言う景色や、

余部鉄橋 空の駅7

こう言う景色も拝めます。

これだけの高さの鉄橋を、普通の回遊ルートでこの近さで見えるのは中々有りません。

更に階段を上ると、餘部駅に直結した形で、展望台へ到着。

余部鉄橋 空の駅2

駅からの前半部分は、昔の線路の路盤を復刻した歩道になってます。

余部鉄橋 空の駅10

ちょっと石がデコボコしてて、小さい子供が居ると手を繋ぐ等の配慮が必要ですね。
情緒も大切ですが、ここは普通の平坦な道も併設するなどの工夫が欲しかったところです。

ちなみに、後半部分、空の部分は綺麗な舗装になってます。

余部鉄橋 空の駅3

ベンチも何か所か設置してあって、360度パノラマビューな訳ですが、こう言う所に真っ先に気になるのが、足元や、先端部分だったりするのは私だけでしょうか?

いや、決してそうでは無いと私は思う。
その証拠に・・・

余部鉄橋 空の駅4

真下が覗ける覗き穴が何か所か設置されてます。

余部鉄橋 空の駅8

フェンスで塞がれてますが、かなり先端部分まで歩いて行けるようになってます。

戻って駅の方ですが、変わったベンチが有ります。

余部鉄橋 空の駅11

鉄橋のパーツ(廃材)を利用したベンチでご当地感はかなり有りますが、正直、ボルト部分の突起が気になる所です。痛そう(汗)

道の駅あまるべ2

下に降りると、道の駅あまるべが有るのですが、こちらでは、飲食、地域情報、地場の名産物等が一通り揃ってます。

食堂は近くの海の幸を主力に持ってきた海産物の食堂です。

道の駅あまるべ4

しかも結構安めの価格設定で、食指が動きますが、今日は気候も相まって人が満員でしたので、隣のたこ焼き屋さんで済ましました・・・

道の駅あまるべ3

もう一つ、鉄道資料館みたいなのも有って、こっちも無料で入れるので、入ってみました、
餘部鉄橋グッズとか売ってましたが、興味のある方はどうぞって感じですね。
ここの一番のメリットは、建物に掛けてある、次、列車が通る時間の時刻表かな?

道の駅あまるべ1

と、まあこんな感じでしたが、総括すると日本最大級の鉄橋の情緒と、山陰海岸ジオパークの景観を一度に味わえる数少ないスポットして、空の駅餘部鉄橋は有りかなと思います。
休憩施設も併設してますし、無料ですし、気軽に立ち寄るには最適かなと思う。

全国のホテルをあなた好みで検索できます
日 程
チェックイン   
チェックアウト       
  
1部屋あたりの
ご利用人数
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児 (食事・布団付)
幼児(食事のみ)
幼児(布団のみ)
幼児(食事・布団不要)
ご利用部屋数
部屋
宿泊料金の範囲
地域を選択



テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

[PR]

~旅の友~
ツーリングマップルはコース選定に役立つコメント入りの地図です。

中国・四国地方

 
 

その他の地域

最新記事
カテゴリ
プロフィール

はにわっち@

Author:はにわっち@
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
3879位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
1376位
アクセスランキングを見る>>
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加中です♪ ポチってくれると嬉しいです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。